Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

長島康夫著「19歳の甲子園」を読み終えて    福村 俊明(53期)  表題の本をお借りして一気に読み終え、波乱万丈の半世紀の自伝と 言える物語に感動しました。早速、感動と感想を綴り、著者 長島 康夫氏 に手紙を出しました。彼から6/13返事を受け取りました。 「お元気でお過 ごしのご様子うれしく思います。同期会などお目にかかれる日が来れば と願っております」 と添え書き有り。 長島さんのお父さまと同じ、当方も 松江生まれの安来育ち20年余。彼とはクラスが別、生活のリズムも異な り、直接の接点はないが、安来小学校、安来一中、米子東高校を通じて 同期。返事の中に執筆動機として 「 わたくしは、かねてから自分の激動 の少年時代を書き残して置きたいと考えていましたところ、こうした姿で 公開することになりました」 と記してあります。  第5章「逃避行」、第6章「38度線を越えて」に於いて、想像を絶する様な 過酷な体験をリアルにして、劇的な展開を平静な筆致で語られる、その 抜群の記憶力もさる事ながら、8歳当時に遡って、かかる物語を紡ぐスト リーテラーとしての才能も稀有。第1章で野球に目覚め、夢が第9章で開花、その間の様々な苦労を経験され、例えば、生計を手助けする為、お母さまと牛乳配達、米子東高野球部では夜遅くまで練習、年齢制限による公式試合出場停止が解除されるまで、バッテイング投手を買って出たり、外野ノックをする役目を務める、自主的に冬トレーニングにも努められた、等、等、感心しました。  またこの本には随所に秘話、逸話が散りばめられ、例えば、昭和30年半ば~40年にかけ阪神の熱血投手と謳われた村山 実さんが関西大学野球部当時、彼からピッチング指導を受けられた事、高校卒業前、将来の進路について米中出身、往年の阪神の名捕手土井垣 武さんから助言があった事、等、等。どれもこれも初耳、読み進むに連れて興味が尽きません。この物語のハイライトは昭和31年夏の甲子園球場での準決勝米子東高校vs 岐阜商業高校の試合、延長戦で1 対 2で惜しくも岐阜商業に敗退、当大会の名勝負として 語り草となったこと、それにも増して長島投手の力投が光り、野球評論家から絶賛、一躍、有名になりました。だが、この偉業について、本人の心境を漏れ伝え聞く所では、彼の人生の通過時点の出来事、つまり一駒としてとらえ、遡って講演で話すようなことではないとの事、謙虚な人柄が伺えます。                   彼の人生および物語に於いてお母さまの存在は絶大、それと彼の地の                 国民学校3年生8歳の頃に体験された厳しい試練を経て培われた忍耐                 力・根性、そして野球魂が書物を貫くキーワードではないかと読み進むう                ちに感じました。お父さまとは戦禍を逃れる混乱期、現地(朝鮮北部)で離                別、お姉さまとは家族で南に逃避行中、死別されるという悲惨な体験に遭               遇され、それから60有余年を経て功成り名を遂げられ、仕事と家族にも恵               まれて、人生の晩年に差しかかると父親の儚い命と、お姉さまの非業な死              を少年時代の重い過去を綴る事により、その霊を慰め、鎮魂にもつながる               のではないかと彼の心中を勝手に忖度しますが。       以上      「好漢長島投手」 横山泰三画     

トップページへ