Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

よし田瓦町本店での一夜  2013.06.18                                                      60期の広場に戻るには此処をクリック

以下は、K野修二君が何時ものように「短歌風に書き綴りました、ご笑納下さい」と送稿してくれた文と J家夫人の撮った写真を載せます。 題して      秋の古都ぶらぶら(50年目の修学旅行)打ち合わせ 6月18日午後6時、大阪市中央区瓦町1-5-11、旬魚菜 よし田 瓦町本店、TEL06-6204-1675 参加者:O谷・M尾・T橋・T口・N野・U村・N坂・K野・Y田・O野田・J家夫妻・K本、以上13名 ○○さん道順忘れギリギリセーフ たどり着きたる「よし田」の小部屋 まず最初 全員慎しみ献杯し I畑勝君の冥福祈る(5月26日逝去) 秋京都 旅行計画盛り上がる、日時は11月1,2日(金土) 京都駅10時集合。 知恩院(宗祖法然上人が入寂された遺跡に建つ浄土宗の総本山。法然の教えを受けたのが、浄土真宗の宗祖の親鸞である)、お菓子(鶴屋吉信)など等に、トロッコ電車で湯の花温泉宴会し、 翌日、比叡参拝、伏見のお酒にエトセトラ、京女・京男のお待ちしています。 同窓会 あの人会いたい みな思う 縁に集い京に来られよ(K本会長ほか一同) J家さんがコーラスN野に口合わせ 三中同士であのころ歌う「ユ―ア―マイサンシャイン」 J家さんのアカペラソロの音色よし 満場静まり思わずうっとり 本日の話題提供 Y田さん (写真左手) そのお話は、 『Y田君から司会頼むとビックリ電話、挙式当日ハッと目を吸いつけられし花嫁は、知的に細身で見目麗しく、お姿上品とてもうつくし、こんな素敵な人にどこで出会いたる、不思議しょうなし」と 当時独身だったJ家さんが言う。 Y田さん答えて曰く「京は岩倉、実相院なり」・・・・・ 歌もでる思い出話に聞き惚れて よし田飲み会楽しかりけり はや3時間時の流れはよどみなく 50年目の修学旅行で再会期さん (料理讃歌) 大皿に蛸透き通るが動きけり こりこりやわらか余韻のぬめる ガシラ煮は御頭付きのうろこ肌 姿も美味く舌に崩れる ほんのり甘く染み込み深し 揚げ物はめいたかれいの小振りもの、ポン酢無くともポリカリうまし 笹の葉にさば松前寿司にアナゴ棒寿司 満腹打ち止めわかめ味噌汁(短歌風作詞、熊野修二) 写真添付してください。 (←と原文にありますが、残念ながら出て来た料理の写真は不在。とほほ・・・。                                                           編集子 )            それで、卓上がわずかでも見える写真で堪忍してくだされ。      この店は60期幹事長のご贔屓店で、秘蔵の焼酎がふんだんに提供されたことを付け加えます。       「雨夜の女の品定め」(源氏物語)みたいなコメントが延々と有りましたが紙数の関係で                           割愛させて頂きました。                   編集子