Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

50年目の修学旅行(京都ぶらぶら)  2013.11.01-02                                        60期生の広場に戻る

     米子東高校60期生50年目の修学旅行(京都ぶらぶら) 歌日記 2013平成25年11月  1日(金)11時 JR京都駅新幹線口出発 ~2日(土) 参加者: A木・A立・I賀・I崎・I葉・U松・U村・O田・O原(夫妻)・O嶋(友長)・O野(恵美子)・O野(夫妻)・U根(M田)・K本・K川・K野・K賀・K志・K原・K藤・J家(夫妻)・T橋・T川(M保)・T口・T田・T谷・N嶋・N村(S嶋)・N野・N坂・B本・M尾・ M原・M渕(S田)・M上(F田)・Y田・Y田(M田)・Y次・Y田(計42名) 60期50年前に若返り 修学旅行の京都に集う(11月1日11時) 秋晴れに面々揃いてK幹事「無理しないよう」出発挨拶(幹事付き添いY田さん) 南禅寺ほとりの順正書院  邪悪にくみせず正しい道を教える学問所なり (蘭学者新宮凉庭開設) 豆乳で再会祝しまず乾杯 同窓集うはありがたきなり 南禅寺名物ゆどうふ土鍋湯気 見た目木綿の舌は絹味 ほど良くあったか口食むうまし 順正の湯豆腐懐石(豆乳,ゆどうふ,刺身,田楽,てんぷら,ごま豆腐,ご飯,香の物,あん菓子) 南禅寺三門高々見上げれば「絶景かな」と唸る人見ゆ「歌舞伎 楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」     (スマン! 写真が無い。ドナタか送って下しゃんせ!?) 知恩院 K光成法師に導かれ 華頂山へと入山するなり(浄土宗総本山) おお!でかい!両翼ピンと張り出して 山門堂々のお出迎えなり 三門の階段急峻巾高く 楽々上ると参らぬ我が身 楼上は 飛龍天女に迦陵頻伽(かりょうびんが)の舞い遊び 御仏まします極楽なりけり 三門は空(くう)無相(むそう)無作(むさ)の三解脱 門をくぐりて いざ法然上人に会わんかな  空は「物事にこだわらない」、無相は「見かけで差別しない」、無作は「欲望のまま求めない」  (スマン! この写真も無い。ドナタか送って下しゃんせ!?) 大梵鐘大きくでか厚真下にて 寄進の重さしっかと味わう 御影堂は大修理中、 新玄関から入り長廊下、 門主(もんす)謁見の大広間に座す ナンマイダ木魚音に乗せナンマイダ 念仏合唱 門主おでまし 「・・・近頃は天候不順しかあれど 大自然は順番に巡り来る 死期はいつ来るかわからない  大宇宙の不思議さの中 今を生きているありがたさ・・・」門主ご法話ありがたく聞く 方丈の上段の間ある「雪景の間」(狩野定信筆)紅白干菓子 抹茶あざやか おもてなしなり 羅漢の間、花鳥の間(狩野信政筆)通り過ぎ「抜け雀、三方正面真向の猫」を拝見し、 仮本堂 上人一同おわします 念仏唱え往生祈る(法然・源智・鎮西・満誉・雄誉) 石段を上る山手に御廟あり 八百余年世を見守りて 死後の邪義 防がんがためご遺言「智者のふるまいをせずして ただ一向に念仏すべし」と ①法然房源空 (法然上人)のご遺言「一枚起請文」 ②一枚起請文の解説 ③法然上人行状絵図(諸人群衆し聴聞する絵場面) 法然は鎮護国家の仏教を 庶民のものへ一大変革 その偉大さの被い来るなり 御仏にT口さんは導かれ 我らに功徳をお与え下さる(前回 空海・今回 法然に大変感謝す) 東山知恩院去り町中を 過ぎて着きたる嵯峨嵐山(トロッコ電車駅、神護寺へは行かず) 対岸に料亭見つつひた走り 眼下保津峡岩も流れる(紅葉はまだ) 木造りの四人座席に座り合い 飲み干すビール味忘れまじ     たそがれて川面光るを追い掛けて 湯の花温泉渓山閣へ 上りの浴衣姿のなごやかに 大宴会場を広々埋める (11/1)今日からは紅葉かんざし立ち姿 舞妓華やか振り袖揺れる(小鈴19歳) 目の前が一瞬もみじ色めきぬ 舞妓乙女と二人の世界 食前酒乾杯の後「ようこそ おこしやす」桃色花びら伏せ紙取れば お膳ごちそう数多あり  炊き合わせ温か小鍋にせいろ蒸し 松茸グラタン土瓶蒸し 松茸ごはんに秋を味わう 食べきれぬあり 舞台にはギター響かす三中トリオ 当時のリズム思い出すなり(N野、Y田、J家、ハレルヤ、Puff,the Magic Dragon,・・・・) 透き通る清らか音色の「里の秋」 次々歌の連なり響く なつかしの学生服であの曲歌う(高校三年生)  K本さんとツーショット写真 2次会も満員御礼賑やかに 我が青春の自ずと動く(ルイジアナママ) 集まりて話し花咲くそこかしこ 病んだボケたのネタは尽きまじ 「ボケない小唄」(秋田赤十字病院名誉院長 竹下吉夫) お座敷小唄の替え唄もご賞味あれ 1.風邪をひかずに 転ばずに 笑い忘れず よく喋り 頭と足腰 使う人 やる気ある人 ボケません  2.スポーツ・カラオケ・囲碁・俳句 趣味のある人 味もある 異性に関心 持ちながら 色気ある人 ボケません  3.年を取っても 白髪でも 頭禿げても まだ若い 演歌唄って アンコール 生きがいある人 ボケません 同窓会飲み食い話し笑い合い 楽しく時の過ぎて行くなり 大浴場ゆったり手足伸ばしゆき 今日一日の余韻に浮かぶ 部屋全面覆う布団へ滑り込み 話す間もなくたちまち寝入る(作詞 K野修二) 11月2日(土)二日目  渓山閣― 比叡山延暦寺―延暦寺会館(昼食)― 京菓匠 鶴屋吉信― 伏見酒屋 キンシ正宗― JR京都駅 先日の米子東高校60期生50年目の修学旅行(京都ぶらぶら)はとても楽しく有意義なひと時でした。 企画しお世話いただきましたK本さんほか皆さんに感謝しお礼申し上げます。 その時の有様を我流五七調もどきに書き綴ってみました。ご一読いただき、写真などと共に、あの時を思い出して 頂ければ幸いです。  K野 修二 拝

お馴染みの仮面振り、K本さん。 最後までお笑い精神で・・・