米子東高61期関西同期生会 平成26年6月2日(日)
2014年の61期関西同期生会は、6月1日(日)京都で開催。関西のみならず安来、東京からの参加もあり、総勢11名で「とっておきの京都」を巡りました。
IMG_7312 1_1.jpg
IMG_7242 1_1.jpg
61期関西23_1傾明.jpg
61期関西24 1_1.jpg
IMG_7239_1.jpg
61期関西28 2_1.jpg
61期関西26 1_1.jpg
IMG_7270_1.jpg
61期関西11 1_1.jpg
IMG_7298 1_1.jpg
IMG_7306 1_1.jpg
61期関西31_1.jpg
IMG_7287_1.jpg
◇ 行 程 /JR京都駅中央口集合/午前11時◇
◆秦家住宅/下京区油小路仏光寺下ル
秦家(はたけ)は江戸時代から薬屋を営んでいた京町家。1983年、「京都市有形文化財」に登録にされました。よくある町家記念館ではなく、暮らしの息づかいを大切に、伝統的商家のおもむきを維持しながら実際にお住まいになっています。
           ↓
◆高瀬川二条苑/高瀬川源流庭園
豪商、角倉了以(すみのくらりょうい)の別邸跡にある日本庭園。 庭園の一角には小堀遠州によって造られた茶庭もあります。
           ↓
◆史蹟/一之舩入(いちのふないり)
角倉了以が愛した一之舩入横のテラスで二次会。舩入とは、高瀬川を行き来する船を接岸させる入り江のこと。現存するのは一之舩入のみ。
           ↓
◆四条通り/三次会
ギャラリーの多い寺町通りから、錦市場をぶらぶらと四条通りへ。男子会、女子会に分かれた三次会を締めるころには、日も暮れかけていました。 
※食事会の手配は佐藤さん。写真撮影には急きょ市瀬さんも助っ人に・・。お世話さまでした。