Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

第3回修学旅行 大社の御祓い 他 2015.11.18-19               古希のお祓いを頂こうと、全国から60期が出雲大社に集いました。               なので出雲国以外は神無月と言うようになりました。

60期の広場に戻るにはこちらをクリック

第一日目 先ずは大阪駅出発。    先発隊も数名いる。 途中懐かしき大山!  米子駅前だんだん広場に  集合、総勢46名。 第二日目

バス一台チャーター、満員です。

いざ出雲国に越境、    境港大橋を渡る。

美保関神社でハイポーズ。港ではイカ干し売っていた。 遠く伯耆大山がほのかに見える。でも誰も見向きせず、イカんともし難し。

二次会は部屋に移し、延々と…

翌朝、玉造温泉白石家は 朝霧に包まれていた。

朝のエネルギー 詰め込み勢ぞろい。

古代出雲歴史博物館内。

出雲大社のツーショット

米子城址に登る。 眼下の景色は極め付き。

いよいよ待ちに待った    宴会開始!

この道は弓ヶ浜半島と島根半島を繋ぐ海の道。 中の海を二つに分けて。 初乗り者が多かったのでは?

国宝松江城天守閣をバックに一女四男

松江祭鼕行列を南櫓から。 ちょうど鼕(ドウ)の勇壮な連打音が飛び込んできました。

松江城のお堀巡りの屋形船から。 沈みゆく太陽を逆光に見て。

Quote 松江祭鼕(ドウ)行列は堀尾吉晴公松江開府を祝う祭。400年前から続く。 10月の第3日曜日に松江城大手前に直径4尺(1.2メートル)〜6尺(1.8メートル)の鼕太鼓を2〜3台のせた鼕山車屋台が15〜6台、揃いの法被姿の子ども達が鼕山車屋台をひき若者達が鼕を打ち鳴らし、市中に勇壮な鼕の音を響かせます。 松江の秋を彩る伝統行事として親しまれています。 Unquote

銅剣銅鐸が驚くばかりの数!

古代の出雲大社では この根っこが50mの 高殿拝殿を支えていた。

よ〜いドン

無事生還、一人も落伍せず    下界へ戻りました。

かって有った二つの天守閣、櫓群が    聳え立っていれば良いなぁ!