Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

 京都お花見(カフェJINTA・仁和寺)歌日記    2017平成29.04.14(金)                           ・・・60期の広場に戻る    

      四条烏丸で丸川・山田さんに出会い一緒に、    池坊の六角堂(しだれ桜)にお参りし、烏丸三条東入る。 カフェ ジンタ 入れば見慣れたあのお顔           元気に合えるうれしかりけり 窓側に安田さん居る何してる 大きい体で薄茶点ててる 安田さん自作品のお茶碗で みなにふるまう温か男 土から探し7品の茶碗作った陶芸家自らが点てし薄茶を頂く、こんなありがたい事はない一期一会。 それぞれに姿に色に風合いの 異なる風情並存し 触る感触オンリーワンなり 信楽の桜・菜の花活けた壺、赤味土色灰かぶり、醸し出すのは偶然風景、これも自然の再現ならん 西野さん乾杯音頭で開会す 17名も京にお上り   高橋、備本、小坂夫妻、持家夫妻、山田(前田)、丸川(栃)   西野夫妻、谷口夫妻、益尾、赤木、安田、松田、熊野 河本さん暇持て余す入院検査  お顔見るのを楽しみ待たん じっくり養生お顔見せられ 小坂さん背高くスカッといい香り 奥様惚れる四中男児 小坂さん益尾会長に招かれて東京から参加(お子さん在阪)、韓国は木浦(モッポ)の西に紅島(ホンド)あり  そこでの夕日、沈む色のグラデ―ション、満天の星を見上げて涙した。 米子から只今到着 松田さん 先ずはお抹茶「すばらしい」と 松田さん、生い立ちは1945年11月に米子で生まれ東京暮らし、母と暮らすため帰郷、 二十歳代パリに暮らす、今でもフランス語が話せ「ジュテーム」と言われしこともあった、 明日以降、京都・宇治に吉野に飛鳥へと 備本さんご持参ものは奈良名物  「だんごの庄」のきび団子 きびたっぷりで食べ応えあり 赤木さんお久しぶりの参加なり お顔元気に満ち溢れたり 1946年1月1日生まれ、48年勤めこの3月に退職したばかり、 私(赤木)が東京組にならい関西でもと、河本さんに声かけて、60期集いの第1回、大阪の太閤園で始まった。 赤木さん娘さんは音楽家 芸術文化アートマネジメントする 赤木舞さん 高校卒業後渡米ロチェスター大学イーストマン音楽学校(ピアノ専攻)卒業・・・ 高橋さん奥さんの手を引き背割りの桜 見事だったとうれしいお顔 関西お花見ランキング1位、淀川と木津川の背割り堤、1.4Kmの桜トンネル 60期集えばあれこれ話し湧き ジンタ茶席は満席賑やか 若さんの創作料理に舌づつみ 一皿を多彩に眺め多様に味わう 鶏と水菜のごま梅風味の一皿盛り、小野睦恵さんの息子さん経営、昨年十周年超える 飲み放題語らい放題 時の過ぎ タクシー分乗 一気に仁和寺 烏丸北上、左折して、中立売り・一条通りを西に一本道、洛中を抜けると曲線道、ひた走りにひた走る、 京都は東西にも広い、仁和寺前下車、見上げると眼前にそびえ立つ、 春陽さす平地にドンと仁王門 大きな塊り辺りを圧す 山門を入れば広々はるかなり 春陽ゆったり仁和寺にあり 仁和4年(888年)に完成、 出家後の宇多法皇が住まいしたことから、 「御室御所」(おむろごしょ)と称された。 宇多天皇を流祖とする華道御室流の家元でもある。 真言宗御室派総本山仁和寺  現在は真言宗 五鈷杵持つ  弘法大師のお姿見える(ごこしょ:霊気を出し入れする密教法具) 中門をくぐり左手一面に 白き雲湧く御室の桜 御室櫻は遅咲きと言われる如く、八分咲きもあったが蕾多く、満開までに時間がかかりそうだった。 地面より枝の広がり幹の無く 放射に広がる低木桜 花びらは大きく白くやや厚身 満開ならば白迫り来る 花越しに五重塔の顔を出す 寺境内に一幅の絵   塔よりも花より乙女写真良し (満開ならば)花白く一面湧き立つ清らかな 霊気の満ちる御室の桜  遅咲きは春を眺める桜と違い 阿弥陀如来とともに生きゆく     (春を眺める桜とは)桃色に満開しだれる花の下 人々嬉し春に溶け込む   金堂の甍きれいに線流れ     庇優美に羽伸ばしゆく(国宝:紫宸殿移築、ご本尊国宝:阿弥陀如来)     釣り鐘の外から見えぬ鐘楼と 八重紅枝垂 色競いけり  長柄杓 半地下清水掬い取り 水掛け願う家内安全(御室水掛不動明王)    御影堂 清涼殿の部材下賜 檜皮の屋根のすっきり伸び張る(弘法大師像、宇多法皇像を安置)  「御室御所」称されるわけ納得す 門跡寺院の風格漂う     外からも沢山の人訪れる 世界遺産の仁和寺なりけり 帰り道チンチンチンチン電車来る 小さな駅で待つも楽しみ(嵐電北野線「御室仁和寺駅」) 家々が車窓風景桜咲く 生活乗せる2両の電車 妙心寺、竜安寺、等持院、北野白梅町が終点、京都花見旅はなお続く・・・また会いましょう!       京都 三条 御室仁和寺お花見の有様を五七調の日本語で書き綴ってみました、ご笑納下さい。                                 熊野 記