Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

納涼会(08/23)                          60期の広場に戻る

             今年も「よし田 堺筋本町店」に11名が集まって、納涼会と銘打ちシタタカ酩酊した。  今回は河本清さんの”快気祝い”を兼ねてである。  とは言っても、会場設定やらアレコレは河本兄の  手配に依るもの。  河本兄は、お仕事のし過ぎで大いに体調を崩し  4月に入院治療と相成った。  5月連休明けに退院、直ぐさま戦線復帰し社業に  かかり、一段落したこの季節に遅らばせながらの  ”快気祝い”である。  以下、何時もの伝で…                               関西米子東60期飲み会 歌日記   2017平成290823(水)18~21  旬魚菜 よし田南本町店 飲み会へ堺筋本町交差点 今日も暑いと馳せたどり着く 乾杯は暑気払いだけでなく 快気祝いに窯立ち話 河本さんあなたに会えて会話する うれしきかな!うれしきかな! 安田さん陶芸やる気芽生えけり 窯出し準備も嬉しき知らせ(あらゆる支援捧げ奉らん) 「その節は気楽な茶会催して 招待するよ」とお声の弾む 赤木さん娘ピアノの有名奏者 子育て話を聞きたいものだ 谷口さん山高帽子の良く似合う 奥様ともども愛好者なり 丸川さん元気の元は山登り 身につけるものすべてつややか 西野さんいつもながらの語らいよ 関西米城会68期をよろしく頼まん 野坂さん評判高い神戸男声合唱団 蝶ネクタイのお姿お声 見たいと思うでしょう 持家夫妻 いつも二人の安心様子 同期飲み会輪の中に居る 「おい熊野、お酒のもうや」高橋さん 細身笑顔に即応え呑む 見た瞬間 刺身大皿おいしそう 旬魚菜 生き生き盛り付け器に映える (はも、太刀魚、さんま、マグロ、サーモン、甘海老、野菜とりどり) 薄黄色食めばカリポリ薄甘味 口を清める生野菜よし(生かぼちゃの輪切り、超々薄切り) 茶碗蒸し焼物天ぷらビールのど越し 焼酎お酒 おしゃべりうまく 若い香りもご馳走なりけり 齢若い青年スッキリ立ち姿、かわいさに、真心にじむ、さわやかさ、 やっぱり聞きたい○○○と名付けた親の想いを 嬉しきや乙女に会えた、ええ日なり、山盛り肴ごちそう次々と、 ますます燃える同期の集い、○○○乙女を垣間見て、広やか心になりて美味しかな、 ろんろん語らい続く夏一夜 真っ赤なスイカに思い出残さん 目の前の昔の写真に盛り上がる 楽しき思い出 心の宝   一枚目:新鮮明るい二十歳のお顔 31人名前あり        大学一年 関西で暮らし始めた頃 奈良京都大阪神戸から集い来た                        場所は大阪梅田すし屋の二階を貸し切った・・・   二枚目:かなり成長した社会人の17人、    京都嵐山ちょっと上流にある粋な保養所だった・・・(注釈;花の家・角倉了以の旧宅)              (釈注、関西米城会会報”同期便り” に掲載したのと別のショット1996.10) 関西の60期は連絡密つなり 同じ列車でみな帰省 大山・白兎 思い出すなり 近年の米子東は女子過半 五十余年の時移りゆく 来年は関西組はどこへ行く 有馬神戸か金沢旅情か 河本幹事の思案生き甲斐   (持家作詩)見えなくも河本さんの声姿 安心安心安堵するなり                  関西米子東60期飲み会(よし田南本町店)での有様を五七五七七短歌調に書き綴ってみました。                                              ご笑納あれ。                                                            熊野 記   セピア色の全員写真、 左から ○○、○○、○○、○○、○○、○○、○○、○○、○○、○○、○○        (各位  ご自分で、○○さん、○○くん、○○さん、を入れてみて下さい。  …う~ん!!)