Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

信州上田と松代・別所温泉の旅                                 60期の広場に戻る

今年平成29年秋の60期修学旅行は東京組の企画です。平成29年11月12日(日)、13日(月)の日程。 東京駅八重洲南口鍛冶橋駐車場から朝、チャーター大型バスで長躯信州上田に向かう。 前泊を含め米子、関西、東海に地元関東在の25名が滞りなく集合、快晴の中、10時半出発。 バス中では、50余年ぶりの再会を楽しく語り合う情景もあり、快調にハイウェイをぶっ飛ばす。 車中弁当をビールと共に食しながら、上田菅平ICを降りて、先ず最初の修学地・上田城跡公園と特別企画展。 錦秋の昼下がり、御城跡は整備されていて、大勢の修学旅行ならぬ観光客で賑わっていた。 秋の日差しを堪能し終えて、宿泊地の別所温泉・七草の湯に移動。ココで新潟市から常さん合流。 この地は、”信州の鎌倉”と自称される程旧跡名刹が多くあるとか。 チェックイン後、街歩きしたり、早速かけ流しの湯を楽しんだりし、晩餐の会に突入。 開宴前に、急逝した安島廣行氏の冥福を祈り黙祷、その後、珍味に、お酒に会話が弾み、カラオケ歌い合い 最後は恒例の校歌高唱し一次会終了。おあとは二次会、三次会へと… 翌朝、近くの国宝”安楽寺八角三重塔”散策をした優等修学生もいたが、全員爽やか顔で松代に向かう。 松代城址前から、真田宝物館、真田邸などを巡り、次なるメーンイベント善光寺へ。 ココでは、”宿坊兄部坊”の案内人に導かれ、善光寺のあれこれ蘊蓄を聞きながら兄部某精進料理を頂く。 門前町には商魂逞しく「歓迎米東60期修学旅行様」の看板あり、多くの生徒は此処でも土産物ゲットしていた。 善光寺観光を終えてバス停車場で、帰京組とその他に別れて帰路についた。18時着と帰りも順調な旅だった。 皆々様、お疲れ様でした!      以下は写真でお楽しみの程を。                            ←上田城をバックに                               錦秋の西矢倉奥→        七草の湯にて60期再会の宴始まり                  安島君の冥福を祈り黙祷                                                           カラオケ歌い手はゴマンと   二次会集合!  宴果てて三次会へ↑都合により発禁                    七草の湯から10分で国宝八角三重塔(裳階付き)   真田邸前で「ハイ、ウィスキー」      真田邸の庭園          宝物館前では新そば打ちの最中                                                   「美味し!」と舌鼓み      善光寺本堂前             右奥の紅葉の庭園           有名な六地蔵    宿坊兄部坊の精進料理、山門外なれば般若湯自在なり       滝屋本店に「歓迎米東60期修学旅行様」       ビールにさけ仰山の飲む人見かけたり                        東海、米子組一組は此処でサヨウナラ   参加者は、    上根(松田),古賀(山本),小坂,古志,妹尾(山田),田川(三保),徳田,法橋,米田,植松,中村,古賀,馬淵(澤田),          石賀夫妻,坂口,常平,富谷,松田,上村,河本,持家夫妻,西野,野坂,備本。                  ドノ写真にお目見えするでしょう???