Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

2018総会の写真

 今年は68期が中心となって企画、運営を担いました。130余名が参加。総会から満席で熱気むんむん。講演会もわかりやすくためになったと好評でした。懇親会は、まず日本ハーモニカ芸術協会理事長の田邊峯光さん(68期)の音色に魅了されました。演奏が始まると会場が静まりかえりました。ハーモニカに刺激されたのか、昨年結成された「米東弁サウンズ」の演奏も冴えわたり、田山三郎さん(45期)の米中校歌の朗々たる歌声から始まり、校歌、応援歌と熱唱に次ぐ熱唱。今年初お目見えの「大山賛歌」も参加者一同で楽しく歌いました。  今年は全体に若返りが進みました。現役の学生も参加してくれ、関西米城会の未来は明るいとの確信をもった役員は多かったようです。

山根校長(72期)も今年で定年退職。長い間おつかれさまでした。

益尾和彦会長あいさつ

総会の案内

講演は長谷川純一(68期)鳥大医学部教授

大山賛歌「わがこころの山」 熱唱!

当番期68期、69期ほかの皆さんと 「ふるさと」合唱

万歳三唱で閉会 来年また会いましょう!

複音ハーモニカ演奏

「米東弁サウンズ」による生演奏

校歌・応援歌の大合唱

懇親会スタート

日本海新聞動画ニュース(2018.2.9)は放映終了しました!

トップページへ