Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

コンサートと打ち上げ会                                                                                                       60期生の広場にもどる 

西野が属している混声合唱団マーブルシンガーズのサロンコンサートがあり、其処に集まってハネた後に飲み会をしようと相なった。が、河本御大は土曜日とあって不参加、故にか(?)集まりは5名と奮いませんでした。何時もの伝で熊野節が聞けたので、この場を借りて掲載します。

関西米子東60期 マーブルシンガーズ歌日記  2018平成300630(土)14~豊中市立中央公民館  同期の西野さんの出演する“マーブルシンガーズ サロン コンサート”を聴きに、阪急宝塚線、曽根駅近くの 豊中市立中央公民館4階まで出かけました。その有様を五七調に書き綴ってみました。 青空の見える梅雨の間 蒸し暑く 汗吹きだすも歌声の呼ぶ マーブルはとりどり色なすおはじきの 多様な集まりハモル中にも 男たちタイのみ違う黒ずくめ 女性たち白シャツ揃うもスカート様々 清楚はなやか光りを放つ 始まりは「夢であいましょう」なつかしきメロディに乗り お終いは中央パラソル花の咲き 「はじめてのキス」隠し演じる、あっと驚き歌の世界に吸い込まれゆく 作る人違えば曲の味違う 教えてくれるマーブルシンガーズ(作曲者毎の作品集ほか) どの曲も 口・顔・姿に滲み出る 歌う喜び響き伝わる ソプラノの一筋高く抜け出して ハモリを超える流れ清らか(オブリガード 飾りつけという) 我が同期 際立つ口パク披露する 不思議なり その声聞けず一団に消ゆ コーラスの合間に披露「個人芸」マーブル個音を聴ける楽しさ すぐ後ろソプラノ音色射し来る 会場全体響きさわやか(夏の思い出、水芭蕉の花が・・・・) 速テンポ繰り返し繰り返しありキッチリ止まる コーラス歌声気合の入る(じゃんけん他わらべうた) コーラスに寄り添うごとく指揮・ピアノ ハーモニィを醸し出しけり 舞台ある会場でなく同平面 歌声身近親しみ和して、サロン風 楽しく時の流れゆくなり アフタヌーン聴きごたえあるコーラスをたっぷり頂き場を移し(レストラン・メヌエット、 マーブルシンガーズ懇親会の傍らで)九皿盛り盛りご馳走飲み放題に 集う六人語らい弾む 朗らかに気楽に語らう楽しきや 西野奥さま夫婦同心 身を寄せていつもお隣り持家奥様 寄り添う風情夫婦同伴 持家さんは今なおギター奏でたり 娘夫婦にお孫さん楽器演奏音楽一家   尼崎市民交響楽団、定期演奏会出演、9月17日(月)、尼崎アルカイックホール 西野さんコーラスグループ渡り行く 歌の生み出す交流広し 熊野さん音痴なれどもコーラスの ハモリに曲趣味わい旅する(同期に感謝) 安田さん音楽世界も味わえる 芸術文化の香りを宿す 我が同期おだやか謙虚 陶芸家 いよいよ個展開催するなり    安田土織(とおる)陶展、7月23日(月)~8月4日(土)、CAFE BRUG カフェブルグ    大阪市中央区安土町2-4-5 SBPビル1F、06-6262-3724、[カフェブルグ]で検索   姿よし白き雲湧く赤楽茶碗 君の作品会いに行きたし                                                ご笑納ください。熊野修二