Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

イラク問題

リンク元へ戻る

トップページへ

〔岩井さんからいただいたお知らせです〕 『イラクの子どもを支援するおおさか市民基金』の 結成集会が、5/30大阪保険医協会のM&Dホールで行われました。 〈イラクの子どもを救う会〉の西谷文和さんほかイラク派兵・劣化ウラン弾に 反対する医療系中心の市民が集まった救援基金です。  目的①劣化ウラン弾など戦争被害を受けたイラクの子どもを支援する。     ②非人道的兵器の廃止を求め、その被害の実態を広く市民に訴える。     ③日本がこんな戦争に協力することに反対し、平和の世論を広げる。 ジャーナリストでもある西谷さんの推進力のもと、ほとんど報道されないイラク 現地情報がついてくるのが特徴。 現在、5月末に招聘したイラク人映像ジャー ナリスト:イサム・ラシード氏の報告講演を近畿一円で広めて回っています。 ★6/10(土) 18:00~ 京都弁護士会館 地下ホール             主催:イラク訴訟弁護団グループほか  ★6/12(月) 18:00~ 大阪大学豊中キャンパス 国際公共政策研究科               〔阪急・石橋駅からバス・阪大豊中学舎前〕              開催:清末愛砂さん(当研究科の先生)の講座  以下、ラシード氏の映像レポートは――イラク救援医療人ネット、大学で、 近隣の市職員組合で、弁護士団体の会、新聞労組の集会、などと続きます。  とくに大阪の方は後ろの★帰国直前集会 をよろしく。 300人でも入る会場。 【イサム・ラシードさん紹介】  1973年生まれ、バグダッドの生まれ育ち、現在も在住。  イラク戦争までは電気技師だったが、アメリカの戦争犯罪を告発したいと、カメラ を持って各地の戦争被害者を取材、報道活動を始める。  04年4月・11月のファルージャ攻撃の際にはファルージャに入って、殺される民衆 の側から撮影することに成功した、数少ないジャーナリストでもある。昨年夏に来日 してDVD『ファルージャからの証言』を各地で上映、多くの日本人に衝撃を与えた。  今回は第2弾、最新のDVD2本を持参。アメリカの戦争犯罪とイラク市民生活の 悲惨さがよくわかる映像となっている。 ●基金主催の帰国直前集会●  6/16(金) 18:30~ おおさか住まいの情報センター3Fホール        〔地下鉄・天神橋筋六丁目駅3号出口より連絡通路〕         ℡06-6242-1160 ≪イラクの子どもを支援するおおさか市民基金≫  〒530-0041 大阪市北区天神橋1-13-15 グリーン会館3F       TEL 06-6192-7033 FAX 06-6942-7865 > イラクのこどもを救う会 > http://www.nowiraq.com/ > > イサム・ラシードさんの講演日程 > http://www.nowiraq.com/rasheed_schedule.html