それぞれの9条 Part2
関学9条の会は、昨年の結成総会以来のシンポジウム「それぞれの9条Part2」を11月30日に上ヶ原キャンパスで行います。今回も、関学教員による関学ならではのユニークな「それぞれの9条」が語られます。皆さんのご来場をお待ちしています。
drawing
ダウンロードしてチラシとしてお使いください。右下のフロッピーの絵柄のところをクリックすると自分のパソコンにダウンロードできます。
今回は、
感性的審美的に平和を「感知する」必要を説く先生、
改憲論が登場する政治的背景から論じる先生、
中世の哲学者の言葉から平和を考える先生、
が登場します。司会は、宗教学の先生です。
関学ならではの、「それぞれの9条 part2」です。

ぜひ、ご来場ください。また、友人、知人をお誘いください。


日時:11月30日(木) 17時から19時
場所:関西学院大学(西宮上ヶ原) B号館103教室
パネラー
宮原浩二郎・社会学部教授:すべての武器を楽器に
浜野研三・文学部教授:9条こそ独立の要だ
土井健司・神学部助教授:戦争は経験せざる者にのみ甘美である
コーディネーター
栗林輝夫・法学部教授