Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

横浜市民メディア連絡会(03/17)

リンク元へ戻る

トップページへ

市民活動フェア・シンポジウム「災害と市民メディア」 シンポ終了後は,会場を移して,県内で地域通貨を実践している団体間の ネットワークづくりの場を用意します。ふるってご参加ください。 ●日 時 2005年4月16日(土) 13時30分~16時00分 ●会 場 神奈川県民センター403会議室 (地図:http://www.kvsc.pref.kanagawa.jp/center/areamap.html) ●主 催 ・神奈川情報ボランティアネットワーク   (http://www.monty.jp/~kiv/)     ・横浜市民メディア連絡会     (http://www.y-cmc.com/) ●プレゼンター:日比野純一(FMわぃわぃ代表)他 ●資料代 500円 ●お申込み・お問合せ 鏑木  

横浜市民メディア連絡会http://www.y-cmc.com/

横浜市民メディア連絡会のBlog

市民が自由に市民メディアを活用して、コミュニティの課題を主体的に解決するため、 市民メディアの活用研究、メディアリテラシー研究などを行い、市民団体、行政、大学、 メディア/企業の会員メンバーが協働して行政への政策提言、社会的実験などを行なう 市民団体です。

    横浜市民メディア連絡会(Y-CMC)の活動の広がり         情報回転寿司がつなぐY-CMCプロジェクトと関連団体                 ひとびとの思いをつなぐ「e-物語」  

横浜市民メディア連絡会

ひのみなみ地域

かみおおおかe-town

TaKMi

 ICT支援

めだかの学校

View-Net神奈川

アインシュタインプロジェクト

あおばぱそこん横丁

たまりん場

あおばポータル

I love つづき

神奈川NPOなび

北鎌倉湧水ネットワーク

早淵川ファンクラブ

つづき交流ステーション

ネットデイP

メディアリテラシーP

横浜市立小中学校ネットデイ

 街づくり

 協働・IT政策

メディアリテラシー  市民メディア

神奈川情報ボランティア

武蔵工大 中村研究室

早大

横浜SOHO

横浜市大 村瀬研究室

eガリバーマップ

  お知らせ

■「市民メディアはヨコハマを変えるVol.3」フォーラム■ ★愛・地球博(万博)と会場がインターネットTVでつながります!★ ■日時:4月24日(日) ・フォーラム14:00~17:30(13:30開場) ・横浜市民メディア連絡会・総会17:30~18:30 (会員以外もオブザーバー参加可能) ・交流会19:00~21:00 ■会場:横浜市大よこはまアーバンカレッジ (上大岡駅・ゆめおおおかオフィスタワー17階) http://www.yumeooka.org/... ■参加:無料 (交流会・会費2000円) ■企画趣旨 「市民メディア」は、今、全国的にもたいへん注目されています。 震災時に活躍する情報ネットワークとして、地域経済を活性化させる 地域ポータルサイトの担い手として、多チャンネル化するテレビの コンテンツとして、その期待と可能性は膨らむばかりです。 「横浜市民メディア連絡会」には、市民メディアのさまざまなリソースを 持った多様な方が参加しています。お絵かきソフトのような手軽さで 誰でもWebページが作れてしまう「NOTA」。産業技術総合研究所 から貸与されるインターネットTV会議システム「アクセスグリッド」。 市民Webラジオ放送局も始まります。 来年には、「市民メディア全国交流集会」も横浜で開催される予定です。 そこで、「横浜市民メディア連絡会」が、今年度取り組む事業や プロジェクトをシンポジウムに参加する皆さんに知っていただき、 いっしょに考えていきたいと思います。 <横浜におけるリソースと問題提起> 「市民メディアと参加のデザイン」(中村雅子:武蔵工業大学助教授) 「市民メディアの新しい技術BlogとNOTAの活用」(藤田幸子:夢オンラインネット・栄) 「防災における市民メディアへの期待」(会田和弘:産能短大兼任講師) 「地域ポータルサイトに期待するもの」(岩室晶子:つづき交流ステーション代表) 「Webラジオと市民レポーター」(和田昌樹:桜美林大学助教授) ★「グループ・ワ-クショップ」 (どのグループに参加するか選んでいただきます) 1)「市民メディアなんでも」 キーワード:参加デザイン、市民メディア 市民メディアに関するあらゆる課題と提案を出し合い新たなプロジェクトを生み出します。 <ファシリテーター> 中村雅子(武蔵工業大学助教授) 原聡一郎(横浜市民メディア連絡会事務局長) 2)「市民メディアの新しい技術BlogとNOTAの活用」 キーワード:ツール開発、新技術、Blog、NOTA、Webデザイン もっと易しく、もっと楽しいWebツールを開発者とともつくるスキームを考えます。 <ファシリテーター> 藤田幸子(夢オンラインネット・栄) 高橋晃(グリーンマップよこはま) 洛西一周(NOTA開発者) 3)「防災における市民メディアへの期待」 キーワード:ネットデイ、わいわい防災マップ、情報ボランティア 自然災害は起きたからでは遅いと言われます。では、普段からなにをしていれば よいのか。災害時に情報発信のノウハウを持つ者の役割を考えます。 <ファシリテーター> 会田和弘(産能短大兼任講師) 小池由美(たまりんば) 中川和之(時事通信WEB編集部) 4)「地域ポータルサイトに期待するもの」 キーワード:ポータルサイト、地域情報化、情報交流 地域ポータルサイトとは何んなのか?地域における必要な情報と仕組みを考えます。 岩室晶子(NPO法人I Loveつづき副代表) 斉藤保(まちづくりフォーラム港南) 5)「Webラジオと市民レポーター」 キーワード:市民放送局、Webラジオ、市民レポーター 市民が繋がることの意味とその効果。横浜ラジオマガジン 「ポートサイド・ステーション」のミッションとは。 市民リポーターの役割と期待。 和田昌樹(桜美林大学助教授) 中谷英世(あおばぱそこん横丁) ★愛・地球博と会場を「アクセスグリッド」でつなぐ実験 ■主催:横浜市民メディア連絡会、横浜市立大学村橋研究室 ■後援:横浜市教育委員会 ほか ■協力:まちづくりフォーラム港南 お問合せ・お申込 hara@pado.co.jp

夢ネット・栄

港南区民会議