Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

リンク元へ戻る

トップページへ

地域ポータルの提案(Y-CMC 多賀)

住民

県庁 市役所 区役所

大学 学校 図書館

地元企業 商店街

地域来訪者

     地域ポータル    地域情報案内ポータル&  地域情報相談・連絡掲示板    (地域情報コンシェルジュ       ネットワーク)

市民活動 自治会 町内会

病院 介護施設 託児所

素敵な表になりましたね。 こんな風に使っていって、皆さんの意見や疑問点を書いていくといいですね。

でも、これから上の一方向の矢印の意味が分からないです。 Fujita

こちらは分かります。

住民や来訪者は自分の知りたい地域情報が、縦割り行政や関連機関のなかで、どこのWebサイトにあるか分からない。 矢印は必要な情報があるWebサイトに案内するポータルという意味を示しています。

地域情報相談・連絡掲示板は、Web情報を調べても、分からない場合、掲示板に書き込むことにより必要な情報を得るために使われます。 地域情報コンシェルジュや地域住民が回答します。 また、住民に情報を伝えたい場合も使えます。

地域情報コンシェルジュは、ホテルのプロの案内係りと同じように、住民や来訪者の相談に答える地域情報の専門家です。 相談が広い分野にわたるため、行政、公的関連機関、市民団体、地域団体などのキーパーソンがネットワークを組みます。 さらにこの掲示板は住民同士も教え教わる精神で住民や来訪者に情報を提供します。

ありがとうございます。 よく分かりました。F

地域ポータルサイトプロジェクト案

地域ポータルサイトは何を目指すのか?(その目的)

運営主体と運営体制

行政のかかわり方

資金調達と自立(ビジネスモデル?)

コーディネーターの養成とノウハウ

市民リポーターの募集と養成

先進事例の研究

横浜市内の地域ポータルサイトの状況調査

サイトシステムの研究

プロジェクトを考えてみましょう!

課題をいくつかあげてみましたが、他にもありますか?(そういちろう)

まず、課題をWSで出すのが先かな?        (そういちろう)

地域情報コンシェルジュは、「つづき」の岩室さんをイメージしているのでしょうか? 岩室さんは、レポーターの勧誘や先導もしていてコディネーターのイメージです。(そういちろう)

岩室さんも福富さんも地域活動におけるconcierge(日本語ではコンシェルジュが標準)の一人と思います。ある分野で地域や活動のガイドができる人をさしています。 市民活動以外にも行政、医療、図書館、メディア、観光・ぐるめなど多方面の地域情報に詳しいプロが必要です。(多賀)

NOTAは上がいっぱいになっても下に移動できないのがこまりますね。下にシフトするのが大変です。 テーマが変われば、別の頁をたてたほうが良いのではと思います。(多賀)

上記は、わざわざ角型で囲まなくても、文字を書き込む時の囲いを使えば、 文字と一緒に動きます。Fujita

サイトシステムの研究

↑これでいいんだ!解りました!(そういちろう)

楽しむ場としての使い方と議論する場の使い方でも 変えた方がよいですね。議論する場では、 丸、角、星型などを文字の背景に使うのは、 ここというところだけにして、 なるべく避けた方がよいですね。