Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

NOTAと私の関わり

リンク元へ戻る

トップページへ

2004年暮にNOTAを紹介されていたのですが、これは手書きでも入力が可能なため、 あまりの落書きに驚き、圧倒されて、それ以上深く調べていませんでした。 今年1月18日、NOTAを試用できるサイトを紹介されて、早速投稿してみました。 http://nota.jp/group/kankyoshimin/?page=20050120093210 それから、面白くなって都筑区のNOTAにメンバー登録してもらって 下記のページを作成しました。 http://www.nota.jp/group/tsuzuki/?page=20050121080716 これは気に入って、少し調べていくうちに、 下記で試用できる旨が書いてあり、 http://nota.jp/trial/ymir/ 投稿してみたいとユーザ名、パスワードを探しましたが分かりません。 そこで、そのページにあったサポートに、私の活動も少し書いて、 ユーザ名、パスワードをお知らせくださいとメールしましたら、 お試しページを提供していただけました。 http://nota.ymir.jp/user2/notakun/?page=20041111172249 そのサポートが、なんと『紙』販売運営窓口で、 「紙2001は愛用していますが、専業主婦ですから有料のものは使えません」と お礼方々お返事しましたら、 次のメールでは、専用のNOTAをご用意しましょうということになりました。 初め、sachikoでご用意しましょうと云ってくださったのですが、 公共性を持たせたいので、横浜市栄区のsakaeでお願いしました。 ----------------------------- 「NOTAの世界へ ようこそ!  広げよう 人の和 人の結い」 http://nota.ymir.jp/user2/sakae/ こうして、NOTAと私の関わりが始まりました。