洛五会・京便り(04/04)
sakura1.jpg
京都御苑北側の近衛邸跡(同志社大学の南側)の枝垂れ桜(糸桜)4月2日撮影
2月、3月が非常に寒かったため、京都でも桜の開花が遅れていますが、一番速い京都御苑北側の近衛邸跡(同志社大学の南側)の枝垂れ桜(糸桜)が満開に近くなっています。
ここには遅咲きもありますので、しばらく楽しめます。
市内の主な名所の染井吉野は10日頃、植物園の西側の半木町(賀茂川の東側の土手)の枝垂れ桜は15-20日頃が満開と予想しています。
御室仁和寺のおたふく桜、原谷の枝垂れ桜はさらに遅くなると思いますますが、まだ予想できません。
以上、京都に花見に帰郷される方は参考にしてください。
但し、いずれも今後の気温の推移によって変わりますので、ご注意下さい。
安部田
京の花便りをありがとうございました。
今年は桜が遅いのに、こんなに満開の桜もあるのですね!
4月16日が京都薬科大学の創立120周年記念同窓会で、
私は京都にまいりますから、まだお花見ができそうですね。
藤田
本日、4月4日、特別公開の霊鑑寺にいきました。
椿が非常に素晴らしかったので、ご報告します。

霊鑑寺椿
霊鑑寺は、後水尾天皇の皇女多利宮の開山として建立された尼寺で、
年間に僅か10日ほど公開されます。今年の特別公開は4月10日までです。
庭園には、樹齢300年を超える天然記念物の「日光椿」(写真)のほか、
中国の椿の原種、ヨーロッパ帰りの椿など32種があり、現在ほぼ満開です。
場所は、「哲学の道」の近くで、
法然院から南へ約300メートルです。
参観料は500円です。
なお、法然院も現在特別公開中です
(4月7日まで)





安部田 

tubaki13.jpg
私は4月9日に横浜に帰りますから、途中下車して寄りたいです。藤田