Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

 愛・地球博 「子どもすこやかフェスタ」 節約の幸せ・25人一首  4月14日、木曜日 瀬戸会場・市民パビリオン・対話劇場にて開催         http://www.expo-people.jp/project/outline/          http://web.kyoto-inet.or.jp/org/enekan/                京都エネカン 新宮秀夫

リンク元へ戻る

トップページへ

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$ $$$$ 1. この娑婆(しゃば)につかみ取りはなし。 2. 実は何もわかっていない。 3. 思慮分別は知識にまさる。 4. 安いと云うより、買わなければただ(カワタダ)。 5. 安易な生活は清らかであり得ない。 6. 富多ければ事多し(富則多事)。 7. このこと夢になれ!このこと夢になれ! 8. 真にまっすぐなものは曲って見える、大直若屈。 9. 立派な事をして悪く言われるのが王者。 10. 我ただ足るを知る(吾唯知足)。 11. よろこべ、ないはずのものがあると思って。 12. 維摩の沈黙、雷のごとし。 13. 言うは易く、行うは難し。 14. どん底だと言えるうちは、どん底でない。 15. 馬鹿げた話だから信ずる。 16. 贅沢(ぜいたく)は(素)敵だ! 17. お客さん方、ぜんぶ捨てて逃げなさい!急げ! 18. イナゴも人もおなじ虫。 19. 忘れたことを忘れる(忘却の忘却)が最も危ない。 20. 悪は人を活気づけるためにある。 21. 賢者には一言で足りる。 22. 供給するから需要が生ずる(セーの法則)。 23. 倹約は天下の法に従うこと。 24. 生産は常に赤字である。 25. 感動は前進、満足は後退。 以上の出典リスト 1. 日本永代蔵,井原西鶴 2. ターレス、千田稔、現代のことば 3. パンチャタントラ、細心の吟味なき行いの巻 4. 節約は最大の資源、エネカンの標語 5. チエホフ、ワーニヤ叔父さん 6, 荘子、天地篇 7. 毛吹草、仮名草紙、竹斎 8. 老子、45章 9. アンティステネス、ギリシャ哲学者列伝 10. 仏典?老子?竜安寺の蹲(つくばい)に見える 11. オマールカイヤム、ルバイヤート イランの詩人 12. 維摩経(ゆいまきょう)、不二、不可思議解脱 13. 塩鉄論、中国、漢の時代の経済論争 14. シェイクスピア、リア王 15. テルトリアヌス、カルタゴの教父 16. 1940年政府ポスター 17. アラビアンナイト、シンドバッドの冒険 18. 王充、論衡 漢代の世をすねた学者 19. ハイデッガー、講演集 ドイツ人哲学者 20. マルサス、人口論 イギリス人社会学者 21. W. ぺティ、 イギリス人、経済学者草分け 22. J.B.セー、 フランス人経済学者 23. 石田梅岩、倹約斉家論 江戸時代の商人哲学者 24. G.レーゲン、 エントロピー法則と経済過程 25. 詠み人知らず(日めくり暦) ¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

お読み頂いた方へ。以上のコトワザ、気に入った順に3個選んでお知らせ下されば有り難いです。例、1位ー3、2位ー7、3位ー9などです。 藤田様 手間をお掛けしてすみません。取りあえず、コトワザと出典を番号対応させました。新宮。

はいはい、よくなりました。URLへリンクを貼らせていただきました。上の○○で貼れます。

私は 1位 25. 感動は前進、満足は後退。(これ事実) 2位 24. 生産は常に赤字である。 (私もそう思う) 3位 4. 安いと云うより、買わなければただ(カワタダ)。 ところが、4は、そうとは云えない。 我が家は野菜は夫が作っていて殆ど買いませんが、これが考えてみると 案外高い野菜なのであります。 それで、「24. 生産は常に赤字である。」を実感しているのです。 藤田

新宮さん 久美浜の海岸キャンプは 50年も経つよ。汽車に揺られ・・・あの時の仲間の 後残りは誰やろ?ご実家から 水をもろたり 舟屋を借りてもろて 2階から飛び込んだ。私の選択の3っは  2. 実は何もわかっていない。  13. 言うは易く、行うは難し  24. 生産は常に赤字である。基準は短いこと   17-4-4 14:30           JA3GL/ 柴野克彦 

私も久美浜でキャンプしましたよ。 京北教会のジュニアチャーチででしたが、とっても楽しかったっで~す! そうそう、前田和子さんもご一緒でした。 藤田

洛五会のページ 洛五会・京便り(04/04)

藤田さま。面白いコメント有難う。でも、ご主人が作った野菜に値段はつけられませんヨ。それは英語のpricelessというカテゴリーの品物ではありませんか?その手の生産は常に黒字!?

考え方一つですねえ。 経済的なことを抜きにすれば、新鮮で愛情のこもった野菜たちは、my treasuresでございますよ!藤田

新宮さん 講演はいかがでしたか。