Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

京都スタジアム(きょうとスタジアム、仮称)

サンガ、降格すれば府民負担増? 京都スタジアム収支に暗雲 : 京都新聞 https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180818000024 京都スタジアム計画とは : 京都新聞 https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180415000017 京都スタジアム(仮称)整備について/京都府ホームページ http://www.pref.kyoto.jp/kyoto_sports/index.html

亀岡駅から徒歩5分ほどのところに京都スタジアム(仮称)が建設中です。2020年春オープンの予定です。このスタジアムは京都サンガF.C.のホームグランドとして使用して貰えるように誘致しているところです。敷地面積は12.8ヘクタール、入場可能数は21,600人、スタジアムの配置は長軸を南北、メインスタンドは西側に。屋根を付けた構造になります。 京都サンガF.C.は少し前は京都パープルサンガ、もっと前は紫光クラブ(中学校の先生がこのクラブに所属していて釜本選手を山城高校でサッカーをやるようにすすめた。という話を聞いていたが、メキシコオリンピック前で釜本選手がどんな選手かもしらなかった。その頃から紫光クラブの名前は知っていた。)という古いクラブチーム。現在2部の20位前後にいて、3部の入れ替え戦に出るか出ないか低迷を続けている。京都スタジアムの運営からすれば是非とも1部リーグの試合をしたいところです。 またこの京都スタジアムの建設を巡っては「あゆもどき」という淡水魚(絶滅危惧種)の動向が注目されました。専門家と呼ばれる人たちが「あゆもどき」がいなくなってしまうと反対派になびくと、地元の「あゆもどき」を絶滅の危機から救った人々が学会に、専門家は西日本にいた「あゆもどき」を絶滅に導いた人たちが何を言うのか?一番「あゆもどき」のことを知っていて大事にしたきたのは我々だと。その発言に専門家も反対しているわけではないと?トーンを緩めたとか?