Welcome, Guest
Help FullScreen Japanese

伏見稲荷大社の狛犬

明治の初めごろの写真を見ると、伏見稲荷大社には狛犬が鳥居の両脇にあうんの格好で並んでいる。でも今は狛狐が鎮座している。いつ頃から狛狐になったのか?調べてみても手掛かりなしの状態です。 明治時代の日本 - 京都 https://www.youtube.com/watch?v=6P-I0esQpQ4

都名所図会(1780年)で見ると狛犬は見当たらない。獅子、狐などいずれも。 『都名所図会』は墨摺六册本で名所図会本の先魁となったものである。本書は本文を京都の俳諧師秋里籬島が著し、図版を大坂の絵師竹原春朝斎が描き、京都の書林吉野屋から安永九(1780)年に刊行された。 三の峰稲荷大明神の社(伏見稲荷大社) http://www.nichibun.ac.jp/mei.../kyoto/page7t/km_01_149.html 三之峰稲荷社図絵画像 http://www.nichibun.ac.jp/meis.../kyoto/page7/km_01_149.html

新撰京都名所図絵(1894年)にも狛犬はない。 新撰京都名所図絵 - 国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/765645 新撰京都名所図絵; 著者: 松本正造 編; 出版者: 遠藤平左衛門; 出版年月日: 明27.4